ランサーエボリューションXの乗り心地

ランサーエボリューションXの乗り心地

ランサーエボリューションXでは大きくなったとか、方向性が変わったとかいろいろと言われましたが、実際に乗ってみると(特に公道しか走らないのであれば)何の不自由もないどころか、十分すぎました。

 

通勤や買い物など日常で使おうとする分には、見た目がそんなにいけいけじゃないので目立ちすぎなくて丁度良かったです。

 

見た目に関しては、ガンダム顔と言わたりと、多少いかつい感じではありますが下品ではないし、発売から結構たった今だと見る方も慣れてきたのかそんなに違和感を感じません。

 

内装は価格に比べれば質素というか簡素というか、あっさりとしていますが、もともとラグジュアリー路線の車でもなく内装よりも走行性能にコストをかけるような車なので、妥当なところではないでしょうか。

 

運転席と助手席は最初からレカロのセミバケットシートが搭載されていて、慣れないと乗りにくいし窮屈に感じることもあります。

 

ただし、乗り降りの問題はすぐに慣れますし、腰が非常に楽なので長距離を運転するときにとても便利です。

 

後部座席は特に可も無く不可も無くといった感じで、普通ですね。

 

トランクルームも特に広くもありませんが、狭くもありません。

 

(たしか重量バランスの関係で)バッテリーが後部座席の後ろにあるため、後部座席が倒してトランクルームを広げるという使い方ができないのがちょっと残念でしたね。

 

速く走るための車というイメージが強い車ですが、普通に使うことを考えても、良く出来た車だと思います。