ランエボとインプレッサのデザイン

ランエボとインプレッサのデザイン

歴代のランエボとインプレッサを比べると、ランエボのほうが何となくデザインに統一感があるように見えます。

 

中古車を探していていろいろなモデルを見ていると思うのですが、ランエボが好きという人はどのモデルでもランエボっぽさを感じそうですが、インプレッサだとモデルによって(特にヘッドライトの形が大きく変わるので)好き嫌いが出そうです。

 

イメージとしては、ランエボはずっと「いかつい」感じだったのに対して、インプレッサWRXはヘッドライトが丸くなってなんだか変な感じになったこともありました。

 

新型のWRXではちょっと悪っぽい顔になったりと「モデルごとに車名を変えても違和感ないかも」というくらい違っていますが、唯一の共通点はイメージカラーの青が似合うというのが点でしょうか。

 

ランエボの歴代モデルも悪目立ちしそうな顔つきでしたが、エボXではヘッドライト周りは悪い感じ(ガンダム顔とか言われてましたね)がしつつも全体的なイメージはより高級感が出た感じがしました。

 

その分だけ価格も高級になってしまったのは残念でしたが、高級車っぽい雰囲気が出たことで家族を説得しやすくなったかもしれません。

 

そういえばインプレッサはスバルのイメージカラーともいえる青が似合っていましたが、ランエボのイメージカラーって何色だったのでしょうか?

 

エボXは赤色のモデルがトップページに掲載されていますが、白や黒よりは赤や青といった原色系が似合いそうです。

 

個人的には、色はともかくラリー仕様にいろいろなステッカーが貼られたイメージが強いです。