ランエボが誇るSAWC

ランエボが誇るSAWC

ランエボといえばAYC(アクティブ・ヨー・コントルール)やSAWC(スーパー・オール・ホイール・コントロール)といった電子制御が有名です。

 

要するに走っている間にコンピューターが判断して四輪を独立して制御することで、少しでも速く走らせようというものです。

 

ただし、好き嫌いがはっきりするもので、自分で車の全てをコントロールしたいという人には不評です。

 

競技用車両としてRSというグレードがありますが、これにはこういった電子制御が搭載されていないので、競技に出る人の中にはあえてもう一つ上のグレード(電子制御有り)を選ぶ人も多かったと言います。

 

アウトランダーPHEVにもこのSAWCが搭載されていることをアピールしていますが、ランエボでサーキットを走った経験がある者として思うのは、公道でSAWCを使うことはまずないだろうなということです。

 

某三菱ディーラーの営業が言うには「かなりのスピードでコーナーへ突っ込んでタイヤを鳴らしながら走ろうとしたら動作するレベルですよ」とのことですが、まったく同感です。

 

サーキットでタイヤを鳴らして走りながらインジケーターでどのくらいSAWCが動いているのか確認したことがありますが、動いてはいるものの、半分くらいでフルに使い切ってはいませんでした。

 

雪道などでは効果があると思いますが、それにしてもSAWCをアピールしすぎると、過剰に安心した人が無謀な運転をしないか心配です。