ランエボの次期車

ランエボの次期車

少し前に三菱ランサーエボリューション(通称ランエボ)の製造終了が発表されましたが、アメリカでのみマイナーチェンジされた2015年モデルが発表されました。

 

なんでアメリカだけ?と思ってしまいますが、いろいろと考えた結果なのでしょう。とはいってもアメリカでそんなに売れているとも聞いたこともないので、不思議です。

 

ランエボと比較されることの多かったスバルのインプレッサはWRXと名前を変えて無事に(?)モデルチェンジを果たして発売されました。

 

ランエボの販売台数は年間で1,000台にも届かなかったようですが、インプレッサでもそんなにたくさん売れていたイメージはありません。

 

WRXが無事に発売されて、ランエボが生産中止になったのはどこに違いがあったのでしょうか。

 

もっとも、三菱はアウトランダーPHEVや、アイミーブ、軽トラックと軽ワゴンでも電気自動車を発売しているので、環境にいいとは言えなかったランエボをそのまま作るのは難しかったのかもしれないですね。

 

その代わり、PHEVになった次期ランエボ(モーターを使ったランエボ)が開発中だとか、いろいろと噂は飛び交っているのでランエボの名前が残るのかどうかは別として、またどういった車になるのかはわからないながらも、高性能4WDセダンから完全撤退することは今のところ無さそうです。

 

車名はともかく次の車に期待したいですね。